双極性障害のコトいろいろ。

当事者の視点で伝えたい、双極性障害のコトいろいろ。



ストレスがないというストレス 仕事を辞め自由な時間を満喫し、さらに長い時間が流れると、人は次第に寂しさや虚しさで心が埋め尽くされるようになってくるのだそうです。 初めの頃は時間が出来た事がうれしくて、あれもこれもとやってみたいことを思い巡らし、テンション ...

私は時々、障害者側が発する「健常者」という言葉に、差別の匂いを感じることがあります。 「健常者に私達の気持ちなんて分からない」 「健常者の人は普通に仕事ができて羨ましい」 などという趣旨の発言です。 健常者といわれる人達は、そんなに障害者に対して傲慢で、 ...

冬期に不調が続く季節性障害(冬季うつ)という症状がある。うつ状態が続き外出も困難で、布団から出ることすら辛く家に引きこもってしまう。また食欲が出る場合があり、特に甘いものを強く欲するようになったりと、あまりうれしくない症状が続くのだが、これは日照時間が関係 ...

ゴッホ『花咲くアーモンドの木の枝』 1年と少し前、ブログ立ち上げと同時にTwitterを連携させて、初めて「病みアカ」カテゴリーの人達と繋がった。 記事を書くヒントを得ると同時に、治療のモチベーションを上げるために情報交換したり、刺激を受けたりと、実生活にプラス ...

ネットの中に長く滞在していると、どうしても疲れが出て来る。 私もここの所疲れが溜まっているなと自覚するようになり、意識してオフラインの時間を増やそうと、いろいろ工夫をしていた。 スマホからSNS系や、どうしても必要とは言えないアプリを消して、本来の電話とし ...

最近になってようやく分かった。 本って人を作るんだ。 私がまだ小さな頃、本が家になかった。 一度だけ親戚の人がプレゼントしてくれた、たった1冊の絵本を、 何十回、いやもっと、破れてばらばらになるまで読んだ遠い記憶。 小学校に上がると、教科書がもら ...

正月明け、私が病気で退職するまでお世話になっていた、職場の先輩と久しぶりに会った。 彼は私の退職後、随分と出世していて、今はある部署のトップとして活躍している。彼は立派な経歴を持つ人にも関わらず、私のような前線から脱落した人間とも、何の分け隔てもなく友人 ...

近所の歯科に通い出して、1年が過ぎた。 名前を呼ばれ椅子に座り、エプロンを付けて台が下がるまでの間、毎度毎度よぎる「呼吸がおかしくなったらどうしよう」という不安感。 今でも出来れば避けたいという気持ちには変わらないけれど、治療に通い始めて1年が経ち、今は ...

私は今のシンプルな生活をとても気に入っていて、逆に余計な物を買って部屋の中が煩雑になることを嫌っています。 だからキレイごとではなく今の私には、そんなにたくさんのお金は必要がないかなと思っています。 単純化すると悩む時間が減る どんな風にシンプルかとい ...

精神疾患を患うと、病気と人生の出来事が混同してしまう。 病気になった原因を頭の中で追求し、私がこんな目にあったのは親や上司が100%悪いに違いないと、時に呪う。 人の死など、大きなイベントがきっかけになることは確かだけれど、それはただのきっかけに過ぎなか ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ