双極性障害のコトいろいろ。

当事者の視点で伝えたい、双極性障害のコトいろいろ。



近所の歯科に通い出して、1年が過ぎた。 名前を呼ばれ椅子に座り、エプロンを付けて台が下がるまでの間、毎度毎度よぎる「呼吸がおかしくなったらどうしよう」という不安感。 今でも出来れば避けたいという気持ちには変わらないけれど、治療に通い始めて1年が経ち、今は ...

私は今のシンプルな生活をとても気に入っていて、逆に余計な物を買って部屋の中が煩雑になることを嫌っています。 だからキレイごとではなく今の私には、そんなにたくさんのお金は必要がないかなと思っています。 単純化すると悩む時間が減る どんな風にシンプルかとい ...

精神疾患を患うと、病気と人生の出来事が混同してしまう。 病気になった原因を頭の中で追求し、私がこんな目にあったのは親や上司が100%悪いに違いないと、時に呪う。 人の死など、大きなイベントがきっかけになることは確かだけれど、それはただのきっかけに過ぎなか ...

Photo: undefined by Sue それはいつも突然現れては、私に言葉を投げかける。 目に見えない、聞こえないその声と 私はすべての思考を集中させながら 知らぬ場所からやってきた 私の知らない触れたこともない使者と、 交信をするハメになる。 時に笑わせ、時に怒 ...

芸術的才能のある人、作家、画家、音楽家など素晴らしい作品を手がける人達の中には、実際には無口であったり、変わっているという評価をされている人も、過去の有名な芸術家達から見ることが出来ます。 多分そう言った人達は、人との関わりが得意ではない、自分の内側にし ...

双極性障害という、自殺率の高い疾患を抱える私達にとって大切なこと。 それは、まず生きているということ。 たとえどんな状況に置かれていたとしても、たとえ一般的な暮らしとは違う生き方をしていたとしても 「私達はとにかく、どんなことがあっても生きてさえいればい ...

2016年を振り返る まずは今年の反省から。 2016年。遊び過ぎました、、、 こんなはハズじゃあなかったのに…と反省することだらけ。 今一番しなければならない事よりも、やりたい事を優先させた結果、有限な時間の多くを無駄にしてしまったという後悔でいっぱいの年にな ...

信頼する人の言葉 言葉は一度発すれば、たとえそれが本心ではなくても発した人の言葉となります。 もしその言葉が嘘であったとしたら。 私はそれが嘘と気付いた後も、その言葉を飲み込むことがあります。 嘘だと分かっていてもです。 嘘だと知っていても知らないふりを ...

このブログ「双極性障害のコトいろいろ」は、メインテーマ「双極性障害」の他に、サブテーマがあります。それは「人との繋がり、信頼」です。 だいぶ前、症状に悩みながらも、それが精神疾患だとは気付かずに必死で働いていた頃、上司からお手紙をいただいたことがありま ...

簡単にあきらめない。成長思考へと変化させてくれた旅。(前編)からの続きです。 簡単にあきらめない。成長思考へと変化させてくれた旅。(前編) : 双極性障害のコトいろいろ。 心配しなくていいんだよ。 どんな些細なことでも すべてうまくいくからさ。 ボブ・マーリー 私は ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ