双極性障害のコトいろいろ。

当事者の視点で伝えたい、双極性障害のコトいろいろ。



自分の生きる人生を愛せ。 自分の愛する人生を生きろ。 ボブ・マーリー 長い期間、寝たきりに近い生活を送っていた頃。 服薬量が増えるのと比例して、身体が思うようにならなくなり、怒りや悲しみの感情が強くなる一方で嬉しさや楽しみの感情がほとんどなくなっていまし ...

前回「逃げない勇気。不安障害を乗り越えるためのヒント。その1」 の記事の中で、3つのストレス反応のうちの「チャレンジ反応」について書かせていただきました。せっかくですので、もう1つの反応である「思いやり・絆反応」について、スタンフォード大学の心理学者、ケ ...

最近、残念ながら調子が下がって来ています。 例年涼しくなってくると、少しずつ少しずつ気分が落ちて来て、真冬になると完全に冬眠状態になることが多いのですが、今年は少し早いです。 動けない時期が長い方なので、元気になったらやりたいと思っていたことを、夏の間に ...

ひとたび精神疾患に罹患すると、人は自分の内面について考える機会が圧倒的に増えます。と同時に自分の症状に焦点をあて、一日中症状の変化を追うようにもなります。 次の診察で自分の症状を的確に伝えたいという思いから、1日の気分の変化を細かくメモやグラフにしてい ...

今回はスタンフォード大学の心理学者、ケリー・マクゴニガル氏の著書「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」を元に書かせていただきます。 スタンフォードのストレスを力に変える教科書 私はこの夏この本と出会い、ストレスへの考え方を学んだことから、不安へ ...

うつ状態になると、頭が回らなくなって判断力や決断力がなくなることがあります。2つ選択肢があると、どっちにしたら良いのかと悩み出し、下手をすると何日も決められない事だってあります。 思考力の低下 例えば私は体調が最悪だった時には、交差点を渡るか渡らない ...

精神疾患は「ネガティブな性格」だからという理由で発症するものではありません。 どんなに健康な人でも具合が悪いときには落ち込みます。病気をすれば将来を悲観することだってあるでしょう。 自分のせいで発症したわけではない 双極性障害を患うと自分の過去の仕事の ...

月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。 舟の上に生涯を浮べ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。 予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊のおもひやまず、海浜にさすらへて、去年の秋江上の破屋に ...

精神疾患を抱えた人の中には、「伝えることが苦手」な人が多いように感じます。今日は、「調子が悪い」と人に言えない自分の気持ちを振り返ってみました。 双極性障害という病気が見つかり、生きにくさの原因が分かった時には、力が抜けてホッとした気持ちになりまし ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ