双極性障害のコトいろいろ

当事者の視点で伝えたい双極性障害のコトいろいろ



今現在、私はストレスがとても少ない生活を送っています。 病気になって闘病生活を続けるうちに、社会的な活動が極端に減り、人付き合いも限定されるようになったのが大きいと思います。 無理をしなくては付き合えない、しがらみのある人間関係がほとんど無いというのは ...

病気療養していると、周囲を気にして楽しいことを考えたり、行動することに罪悪感を感じることはないでしょうか。 「具合が悪いのに、何であんなことは出来るの?」 なんて思われるのが嫌だからいつも具合悪そうな顔をしていては、ますます具合が悪くなってしまいそうな ...

ひと頃、「減薬」という言葉が流行りました。現在でももちろん大切な言葉ではありますが、一時期この言葉が一人歩きしているなと感じた事がありました。 テレビやインターネットでこの言葉を知ると、あちこちの病院で減薬の相談をされる方が後を絶たなかったといいます ...

私が去年少しだけ通っていた南アジアの小さな学校は、中東・アフリカからの留学生がほとんどを占める珍しい学校でした。 出国前にホームページなどを見て、彼らに会うのをとても楽しみにしていたのですが、どうして中東の学生が多く集まる学校なのかはあまり深く考えてい ...

以前長期の海外旅行をする際、私が服用していたラミクタールが旅行期間に必要な分だけ保険で処方してもらえることが出来なくて困ったことがありました。 確か2〜3ヶ月分までなら処方出来るというお話でしたが、私はそれ以上の滞在予定でしたので全然足りず。 仕方がな ...

人から何か言われた事が頭から離れなくて、頭の中で堂々巡りになってしまうことってありませんか?私も調子が悪い時には特に、小さな事に反応してしまい苦しくなることがあります。 そのように特にネガティブな事柄に翻弄されて、頭の中で原因や結果をぐるぐると考え続ける ...

以前「幼少期の体験」についての記事を書かせていただいたことがありました。 ★記事はこちら★双極性障害の発症原因のひとつ「幼少期の体験」について考えてみました。 その記事を書きながら、ふと昔読んで衝撃だった本のことを思い出しました。 トリイ・ヘイデンの著 ...

双極性障害を持つ人達は、いつもいつも病気のことを考えている訳ではありません。精神疾患全般についてであったり、それ以外の社会的な問題に興味がある人もいるでしょう。 そういった意味で、テーマを双極性障害だけにしぼるのは面白くないかなと最近なんとなく思っていま ...

信頼関係を築くというのは、一朝一夕にはいかないものです。 信頼関係の築き方がよく分からなくて、人との関係がうまくいかないと悩む方も多くおられるかも知れません。 信頼関係を築くまでには、ある程度の時間が必要です。 私は以前、信頼関係の築き方を仕事を通して学 ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ