Life is but a dream

人生は夢のようなもの



性産業は、女性の社会進出の初めての職業だと言われています。 性産業をなくしてはならないと説く人がいますが、その理由は性産業で生きながらえる人にとって、もしそれがなくなったら路頭に迷う貧困女性が世の中に溢れかえるからだと言います。要するに性産業とは貧困女性 ...

私が自らを双極性障害だと受け入れられたのは、つい最近の話です。双極性障害どころか、精神疾患があることすらまったく気がついていませんでした。 少なくとも人生の半分は、自分が苦しんでいたことが病気だったなんて考えたことすらありませんでした。 診断の曖昧さ ...

精神疾患と孤立は切り離しにくい問題だと思います。 職場においてはストレスが先かうつ病が先か、まるで鶏が先か卵が先かのような状態が蔓延っています。 職場でうつ状態になれば、どう接したら良いかと真剣に考えてくれる優しい人もいる中で、うつ状態の人とはどう関わっ ...

ネットや本などを見る限り、双極性障害の人の旅行に関することを調べてみると、不安を煽られるような情報が溢れていています。 それでもいつか海外旅行に行ってみたいという夢を持っておられる方も少なくないと思います。 そんな方達のために、双極性障害を持つバックパッ ...

どんな薬もそうですが、出会いって大事です。出会った時の自分の状況がどんなだったかによって、その薬への印象は大きく変わります。いえホント。 ラミクタールと出会う前 私がラミクタールと出会ってから、もうすぐ2年になります。 その出会いは非常に華麗でした。い ...

今日は少し前に請求していた診療情報開示の許可が下りたということで、以前通院していた大学病院に行ってきました。「カルテ開示」なんて普通はあまり経験しない事なので、せっかくですからどんな感じだったのか書き留めておこうと思います。 請求方法と受け取り カルテ ...

双極性障害の人の多くはその日の体調に関して、健康な人に比べ気にし過ぎる傾向があるかと思います。 中にはグラフ化した体調管理表などをつけている几帳面な方もいます。 そういった姿に一般の人は、ストイックな印象を持つかも知れません。 そんなこといちいち気にしてた ...

双極性障害の人にとって「うつ期」はとてもつらいものです。 ひどい時には起き上がるのもやっとですし、何かしようなどと思うことすら出来ません。そこまでではないとしても、診察日以外は外に出るのもままならない時期も往々にしてあります。そうかと言ってじっとしている ...

季節性情動障害(SAD)について、疑問を呈する研究結果がアメリカで報告されたそうです。うつ病には波があるので、冬季に症状が現れたからと言ってそれが季節が原因とは限らないと言う主張のようです。「冬季うつ」は存在しない? ―季節による差は認められず(2016.2.4掲載)現 ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ