双極性障害のコトいろいろ

当事者の視点で伝えたい双極性障害のコトいろいろ

2016年04月

仕事にしろスポーツにしろ、何か成し遂げる為には集中力が欠かせません。 これは自分のことにも言えるのですが、精神疾患は脳の病気であるため、集中力を持続させることが非常に困難に思えることが多くあります。 うつ状態の時には、「頭が働かない」「集中力がない」「 ...

双極性障害の当事者による自己コントロールの1つとして、規則正しい生活を送り概日リズムを整えるという作業があります。 生活のリズムを常に整えなければならない私達にとって、海外旅行というのは大変リスクのあるイベントです。時差のある国への移動により、一時的に概 ...

双極性障害という病気を受容するまでには、いくつものステップを乗り越えなければならないようです。 双極性障害の人の病気の受容までの過程は、死や癌の受容と基本的には一緒ですが、慢性腎不全などの慢性疾患の病気への受容というのが一番近いような気がします。 私達 ...

最近、「承認欲求」という言葉について考える機会が増えました。 それはやはりSNSの影響のせいだと思います。 「承認欲求」というのは、ネット上に関してだけ平たく言えば、いいねして欲しい、シェアして欲しい、コメントが欲しいなど人から認められたいという思いを指し ...

ネット上で見る限り、障害があって無職、または障害年金受給者は審査に落ちてクレジットカードが作れないのではと不安になっている人が結構いるようです。 知恵袋などを見ていても、障害者の方に対してさも知っているかのように「お前らが作れるわけねーだろ」的な物言い ...

以前、起業をして生涯賃金とほぼ同額の貯金ができ、アーリーリタイアされた方が書いた記事を読んだことがあります。 リタイアをすると、余計な人間関係で神経をすり減らすことはなくなるけれど、人と関わる機会が圧倒的に減るため、実体験の機会が減り孤独感を感じるそう ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ