d9f8abac1759b457d90e478710aa6093_m


はじめに

私は双極性障害と診断されてから、すでに数年が経過しています。

初めはこの病気に関することなら何でも知りたい一心で、いろいろな本やサイトを読みあさっていました。

なのですっかり分かった気になっていたのですが、いざ「双極性障害ってどんな病気なの?」って聞かれても、意外と分かっているようで、自分の言葉で人には説明が出来ないことに気付きました。

ここに書いた内容は、本当に基本中の基本で、目新しい情報ではないのかも知れませんが、私自身の取扱説明書的なものとして、分かりやすい言葉でシンプルにまとめてみました。


以前は躁鬱病と呼ばれていた

双極性障害とは気分障害のひとつで、躁状態うつ状態という2種類の状態が繰り返し起こる病気のことを言います。

エネルギーが下がり意欲が減退、気分が落ち込み体の不調を感じるなどの症状が、少なくとも2週間以上にわたる状態を「うつ状態」、それとは正反対にエネルギーが高まり気分が高揚し、眠らなくても平気、話が止まらない、アイデアが次々に浮かぶなどの状態を「躁状態」と呼びます。

この病気は、ほんの少し前まで「躁鬱病」と呼ばれていましたが、現在では「双極性障害」と呼ばれるようになりました。


うつ病とは別の病気

「うつ病」
「双極性障害」は同じ気分障害の仲間ですが、うつ病とは異なる病気です。しかし双極性障害は診断がとても難しく、うつ状態の時に受診されることが多いため、長期にわたり「うつ病」として治療されることも少なくありません。

難治性のうつ病と診断され治療されていた方が、実は双極性障害であることも現実には多くあります。
そのため、初めて精神科を受診してから双極性障害と診断されるまで、平均で8年という年月を費やすと言われています。


発症の頻度

うつ病発症の頻度は7%程度、双極性障害の発症頻度は 0.7%程度です。

一方海外では、うつ病の頻度は15%、双極性障害は2〜3%で、うつ病で通院されている方のうち20〜30%の方が双極性障害であると言われています。
また、うつ病は女性に多く男女比が2対1なのに対し、双極性障害は男女差はありません。


発症年齢

うつ病の発症年齢が40才前後なのに対し、双極性障害は20代から30才前後と言われています。 


双極性障害には2つのタイプがある

双極性障害には、「双極性障害1型」「双極性障害2型」という2つの型があります。うつの症状についてはどちらのタイプも同じです。
それに加え、非常に激しい極端な躁状態を伴うものを1型、軽躁状態を伴うものを2型と呼んでいます。


治療法はあるの?

双極性障害の治療の主は薬物療法です。それに平行する形で精神療法が行われます。

★「薬物療法」

双極性障害の治療に薬物療法は決して欠かせません。けれど躁状態の時に、自ら薬を服用するというのは容易な事ではありません。1型の躁が出現した場合、入院治療が必要となる事もあります。

双極性障害には気分安定薬、それと併用して非定型抗精神病薬を用いた治療を行います。気分安定薬にはリチウム、ラモトリギン、パルブロ酸、カルバマゼピンがあり、それぞれの症状に合わせて処方されます。非定型抗精神病薬も種類があり、気分安定薬と合わせて用いられます。
双極性障害は、生活リズムの乱れも悪化のリスクとなる為、不眠に対して睡眠薬を服用する事もあります。
(薬物療法の詳しい情報については双極性障害(躁うつ病)とつきあうためにを参照下さい)


★「精神療法」
薬物療法と共に効果がある治療法として、精神療法があります。
しかし、薬物治療を抜きに精神療法だけで治そうとするのは非常に危険です。
まずは薬物治療を最優先し、症状が落ち着いたら精神療法も取り入れていくと考えて下さい。

精神療法には対人関係・社会リズム療法認知行動療法などがあります。
認知行動療法は、思考や認知に働きかけて心を楽にするためのものです。 
対人関係・社会リズム療法は、対人関係」と「社会リズム」をコントロールする事によって双極性障害の発症を予防していくというものです。

★こちらは私が読んだ対人関係・社会リズム療法の本なのですが、ノウハウ本としてはもちろんのこと、当事者も気付いていないような細やかな患者の心理を言葉にしてくださっていて、セルフケアはこれひとつでも十分ではないかと思います。本も薄くて読むのに負担も少ないのでおすすめの一冊です。



遺伝なの?

双極性障害の原因はまだ明らかになっていませんが、ひとつに遺伝の影響があるとされています。
しかしこれは100%ではありません。家族に双極性障害の患者さんがいても、発症しない者もいます。遺伝の他にも環境や性格も関係すると言われていますので、過度に遺伝のみを心配する必要はありません。

★こちらの記事がとても参考になりました。


気の持ちよう、こころの病気などではない

精神科、精神疾患という名の中にくくられているせいか、こころが弱い人というレッテルを張られやすく、気の持ちようなどと誤解される部分が大きいため、当事者の方々は二重の苦しみを背負いながら病気と闘っています。


双極性障害は脳の病気なのです

flower-maki-mack-summer-flowers-nature

世の中の偏見をなくしていくには、まずみなさんが正しい知識を身につける必要があります。そのためにも精神科に携わる者は、治療者・研究者・患者を問わずみなさんがそれぞれに協力しあい、大きな力となって社会を変えていく必要があるのではないでしょうか。


よければ双極性障害の1型と2型の違いについても参考にしていただけたらと思います。
 
 


 

スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット