image


双極性障害には大きく分けて1型2型というふたつの型があります。
今回はそれぞれの症状について、見ていきたいと思います。


うつの症状

1型も2型もうつの状態については同じです。

6e42b355.g
(表をクリックすると大きくなります)
厚生労働省:みんなのメンタルヘルス総合サイトより


双極性障害の方が、調子が悪いと自ら病院を受診するのはうつ状態の時です。短い診察時間に調子が良いとわざわざ訴えに来る人なんて、一般の方でもほとんどいないと思います。
そのために難治性うつ病などと間違われるなど、双極性障害が見逃されるケースはたくさんあります。また、双極性障害のうつに単極性のうつ病の薬が効きにくいとも言われています。




躁の症状

1型と2型を見分けるには、躁の時の状態がカギになります。

DSM-5 による躁状態の診断基準

(1)気分が良すぎたり、ハイになったり興奮したり、怒りっぽくなったりして、他人から普段のあなたとは違うと思われてしまう
(2)少ししか眠らなくても平気になる
(3)自分が偉くなったように感じる
(4)いつもよりおしゃべりになる
(5)色々な考えが次々と頭に浮かぶ
(6)注意がそれやすい
(7)活動性が高まり、ひどくなると全くじっとしていられなくなる
(8)後で困ったことになるのが明らかなのに、つい自分が楽しいこと(買い物の浪費、性的無分別、ばかげた商売への投資など)に熱中してしまう
 
上記の症状のうち、少なくとも(1)を含む、4 つ以上(1が怒りっぽいだけの場合は5つ以上)の症状が、1週間以上続く場合を指します。 これらの症状により、社会活動や人間関係に著しい障害を生じる時に、躁状態(1型)と診断されます。

一方、同じような状態が4日以上続き、他の人から見て明らかなほどだが、 仕事や家庭の人間関係に支障を来さない程度であれば、軽躁状態(2型)と診断されま す。
日本うつ病学会 双極性障害委員会「双極性障害(躁うつ病)とつきあうために」より 

 
 
1型の躁状態
 
躁とうつの症状がはっきりしているので、2型に比べ周囲も気付きやすく診断もつきやすいです。
本人が躁状態と気付かないため、入院を拒む事が多々ありますが、躁状態の時に自身が起こした事が原因で、財産、人間関係、社会的信用を失う恐れが強くあるため、患者さんを守る意味でも入院治療が必要になってきます。


2型の躁状態

躁の状態は1型の激しさと比べると、社会的に大きな問題を起こす程ではなく、入院が必要となることもありませんが、その分躁状態の見分けがつきにくく正しい診断が遅れるという現実があります。
双極性障害と診断されるまで平均8年を要するというデータがありますし、自殺率が高いと言われているのも2型です。




混合状態の症状

双極性障害には、躁とうつの症状の他にもうひとつ症状があります。
一週間以上ほぼ毎日、躁状態とうつ状態のどちら基準も満たす状態で、これを混合状態と呼びます。
混合状態では、躁とうつが入れ替わる時などに、躁とうつの気分が混ざりあったような症状が現れます。例えば行動は活発でも気分は落ち込んでいる、またはその逆のような場合です。
このような時はうつ状態の時よりも自殺の危険性が高いので、注意が必要です。 



まとめ

以上、双極性障害の1型、2型、そして混合状態についてまとめました。
今の時代、本やネットで双極性障害ついて調べれば、とても分かりやすく病気について書かれたものに出会うことが出来ます。
しかし実際患者本人がこの病気に気付き、認め、そういった情報にたどり着くまでには、大変長い時間を要します。私自身もそうでした。

ですがようやくここまでたどり着けたわけですから、これからは自分に合った治療法で自分自身を取り戻していけるのです。
一人ではありません。主治医や
同じ病気で暮らしている仲間もいるのですから。

 

スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット