the_winter

冬がとっても苦手

毎年夏の終わり、時折涼しい風すーっと通り抜ける秋が近づく頃から、「ああ、とうとうこの季節がやってきたか」と不安と恐怖が襲いかかります。

私の場合、それでも12月くらいまではどうにか日々に必要な外出をしたりゴハンを作ったり、人との交流も途絶えずにと、何とか暮らしを成り立たせることが出来ています。


だから「今年はどうにかなるかも知れないなあ」と思っていると、さも当たり前かのごとく「ヤツ」はやってきます。

1月2月はまさしく冬眠という言葉がピッタリくる生活になります。最近はもう諦めて、なるがままに身を任せて自分の症状に逆らわず冬が過ぎるのをじっと待つようになりました。


冬になると必ずうつ症状が訪れる

双極性障害では、季節による気分の変化が見られるそうです。春から夏にかけては活動的になる一方、秋から冬にかけてうつ状態になる人もいるといわれています。

冬期にうつ症状がひどくなると言われる症状を、季節性感情(情動)障害(Seasonal Affective Disorder : SAD)と言います。季節による日照時間の影響で起こる気分障害のひとつです。

日照時間が少なくなると脳内のセロトニンが減る、メラトニンという光刺激により体内時計に影響を与える物質の、分泌のタイミングがずれるからではないかと言われています。



季節性感情障害の症状

季節性感情障害の症状は、多くは一般のうつ病と同じで

・気分の落ち込み
・疲れやすい
・おっくう感
・イライラする
・集中力がなくなる

などがありますが、季節性のうつでは非季節性のうつとは違った部分があります。それは、一般的なうつでは食欲がなくなり、不眠になることが多いのですが、季節性の場合はまったく逆で、食欲が増し、睡眠時間が長くなると言われているのです。

私の場合もそうなのですが、冬の朝は毎回この世の終わりのようなどん底の感情に襲われて、昼近くになり半泣きでやっとのことで起き上がります。1日12時間以上もベッドの中にいるので、もはやベッドが生活の場のようになっています。

夏は比較的少食で健康にも一応は気を遣っているのですが、冬はそれどころではなくなります。もともと甘い物は好きな方ですが、冬場は甘い物だけでなく常に何かしら食べている状態です。



何か対策はあるのか

luck_by_bidva

ではどうしたらいいのかと言うことなのですが、対策としては朝起きたらなるべく外に出て太陽の光を浴びて、体内時計をリセットさせると良いのだそうです。

でも朝起きて外に出るなんてことが出来るくらいなら、そもそも季節性のうつなのかと疑いたくすらなりますよね。だって朝起きるのも外に出るのも、どちらもとてもハードルがかなり高い技ですし。



季節性感情障害の治療法

昨今は季節性感情障害の治療には、光療法をおすすめしているようです。

光療法とは毎朝、朝食の時間などに5000ルクスから10,000ルクス程度の人口的な光を30分から1時間程度あてるというものです。
そうすることによって、冬場の日照時間を補うことができるそうなのです。室内の蛍光灯の明かりは数百ルクスなので、結構強い光ですね。

光療法は、比較的緯度が高く日照時間が短いとされるヨーロッパで多く行われている治療法で、日本でも少なからず取り入れられています。
点滴のように病院に通わないと出来ない治療と言うわけではなく、自宅で自分で手軽に行えるのが魅力です。



どういった器具を使うの?

いったいどんな器具を使うのか調べてみると、専用の光療法の器具が
いろいろ売られていました。種類が多くどれが良いのかよく分からなかったので、主治医に聞いてみたところ「器具といってもただの蛍光灯ですから」とのこと。便利な機能が付いている物もありますが自分が気に入った物なら何でも良さそうです。


↓探してみたらこんなのがありました。
by カエレバ


↓光目覚まし時計なんていうのもあるようです。
by カエレバ


またその他の治療法として、薬物療法や他に認知行動療法も効果があるという報告もありますので、試してみるのもいいのかも知れません。



最後に

どの治療にしてもこれで絶対OKというものはなかなかないですし、医療は日進月歩なので、明日になれば新しい治療法がニュースに取り上げられ、今までの治療法が悪者扱いされるのも良くあることです。
けれど、もし今自分が季節性のうつで困っているとしたら、今の時点で一番良いとされている治療法を試してみたいですよね。

一人でも多くの人が、冬の朝ベッドから起きて会社に行くことに、激しい苦痛を伴わなくなる事を願うばかりです。




 

スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット