22179378428_506c192355_z

近年世間では、うつ病やうつ状態の人へ「頑張って」という言葉をかけることをタブー視する風潮があります。「そうでなくても頑張っているのに、これ以上何を頑張ればいいの?」というのが、その理由のひとつです。

今日はひとりの患者の視点から「頑張って」と声をかけられることを、どんな風に思うか意見を述べてみたいと思います。



「頑張って」という言葉に過敏過ぎる人々

双極性障害の私が言うのもなんですが「頑張って」と言った人をまるで犯罪者のように扱うのはどうかなと思うことがよくあります。

そのうち「頑張って」と言っただけでニュースに取り上げられてしまう日がやって来るのではないかとドキドキしてしまうほどです。

「頑張って」と言うと「非国民!」と叫ばれてしまう日も近いような気さえします。

さすがの私も「頑張って」という言葉を再ブレイクさせたいとまでは思っていませんが、そこまで過敏に反応し過ぎる必要もないのではと思うことがあります。




分かってもらえないと感じる当事者

最近は「頑張れ」っていう言葉自体を聞かないので、私自身ほとんど言われたことはないのですが、私もうつで相当参っている時に言われたら、さすがにキツいです。

私が今までで一番キツかったのは、ものすごく苦しくて限界を感じていたにも関わらず、友人に「全然そんな風に見えないよお」って言われた時かも知れません。「みんな頑張ってるんだよっ!」と説教までされた時には、もう死んでしまおうかとも考えました。

そんなに親しくもない人が言ったのなら、そこまで落ち込むこともなかったのかも知れませんが、それがとても身近な人だったのでとてもショックだったのを覚えています。

ただ、そこには「苦しんでいる事くらい、言わなくたって見れば分かるでしょ」と私が勝手に周囲に責任を押しつけていた事も否めません。

心配をかけないようにと、相手に気を遣ってなるべく具合が悪いところを見せないようにしていたのは自分の方ですし。

限界を超えてどうしようもなくなってからやっと相手に助けを求めたので、向こうもあんまりピンとこなかったのかも知れません。




状況によっては言ってもいい時期があると思う

ある程度ぐったりした状態から抜け出せて、自分の身の回りのことが出来るようになって来た時には、「頑張れ」って言われるのは私はそんなに嫌ではありません。

やっとここまで這い上がれたか、よく頑張ったぜ自分♪って声かけてますものいつも。だからみんなに応援されたらうれしくなります。頑張っちゃおうって思います。

それは私が循環器質の人が多いと言われる双極性障害だからなのかどうかは分かりません。

もしかしたら、うつ病の人に多いメランコリー親和型の気質の人には言葉に気をつけた方が良いのかも知れないです。




タイミングを見計らうことは大切

人によってタイミングは違うけれども、うつの人に「頑張れ」と言ってもいい時期は必ずやって来ます。励ましてあげた方が、本人にとって社会復帰への一歩を踏み出す勇気が生まれる事もありますから。

逃避型の人などにはある程度復活したところで「一緒に頑張ろうね」と声をかけてあげれば、不安が軽減する人もいるのではないでしょうか。

ただそんな風に言っていい時期があったとしても、それを他人が見極めるのは相当難しいことです。

まずは一番身近な家族や、医師が様子を見ながらやんわりと声をかけてみるのが良いと思います。




当事者の人はあまり固執しすぎないで

落ち込むあなたを見て、相手はなんてフォローしたらいいのか言葉に詰まり、ついうっかり「頑張って」と言ってしまうこともあると思います。よっぽど悪意のある人なら話は別ですが、そんな時は深く考え過ぎずにさっさと許しておしまいにしましょう。

その都度般若のような顔をして過敏に反応する必要もないですし、根に持っても仕方がないことだからです。



20678226606_ac7c3b49fa_z


やはり言わない方が無難です

逆説を唱えようと書き始めましたが、結局は言わない方が無難という結論になってしまいました。

しかしひとりがダメだと言い出すと、みんなが右に習えをするのはどうなのかなあという疑問は残ります。

いろんな意見があった方が、多面的に物事を見ることが出来るので、楽になれる部分もあるのではと思うからです。

もし、今現在苦しんでいるうつ病の人へどうしても「頑張れ」と励ましたいのなら、「頑張ってね」と言うよりも、「頑張って休むんだよ」などと表現を変えて言ってあげると良いのではないでしょうか。

以上、重度のうつ経験者からの意見でした。なんて言葉をかけたらいいのか悩む人のお役に立てれば幸いです。