tumblr_nos0xsaSpl1ted1sho1_1280


以前長期の海外旅行をする際、私が服用していたラミクタールが旅行期間に必要な分だけ保険で処方してもらえることが出来なくて困ったことがありました。

確か2〜3ヶ月分までなら処方出来るというお話でしたが、私はそれ以上の滞在予定でしたので全然足りず。

仕方がないので他の精神科の先生に相談した所、ジェネリック(後発医薬品)を個人輸入したらどうかというアドバイスを頂いたので、その通りにしてみることにしました。

精神科医のアドバイスでしたので大丈夫かとは思ったのですが、一応調べてみた所ラミクタールの個人輸入は合法とのことでした。

後発医薬品(こうはついやくひん)、ジェネリック医薬品(英: Generic Drug, Generic Medicine[2])とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許(物質特許)あとに、他の製薬会社が同じ有効成分で製造・供給する医薬品である。新薬と同じ主成分の薬とも言われる[3]。後発薬、GE薬といった略称で呼ばれることもある。先発の医薬品は先発医薬品ないしは先薬と呼ばれる。
ーWikipediaより


厚生労働省のページ

ちょうど私の行く予定であった国はジェネリック大国と言われている国で、この国が供給する安価で優れたジェネリック医薬品はアフリカなどの貧困国にとって命綱のような存在というのは、聞いたことがありました。

ブランド志向が強く、やや不安神経症気味ではないかと思えるほどデリケートな日本人にとっては馴染みがなく、ご存じない人の方が多いかも知れません。

ただジェネリック大国とはいえ、その国に入国してから入手出来るのかは不明なので、日本にいる間に個人輸入という形で入手した方が良いというのは確かでした。情報が足りなかったというのもあります。

しかしそれは入国しなければ分からないことでしたし、あらかじめ日数分を持たずに旅に出るのはあまりにも無謀でしたので、その時は個人輸入をせざるを得ない状況でした。


chamomile-chamomile-tea-tee-medicine-naturopathy

私が服用しているラミクタールは重篤な皮膚症状の副作用があるので、ジェネリック医薬品が実際に自分の体に合うかどうか不安な一面がありました。

それにジェネリックは同成分であったとしても、先発品よりも効果が薄いと言われているという話も聞いていました。

ですから日本にいる間に試しに服用してみる必要があったのです。

★ラミクタールの詳細についてはこちら



実際に個人輸入してみました。

インターネット上のホームページだけを見て怪しいサイトかそうでないかを見分けるのは大変困難ですので、そこはあまり深刻に考えずある程度自分で見てみてここなら大丈夫そうかなあと思ったお店から購入してみました。

ジェネリックなのでたくさん種類がありますし値段の幅も大きかったので、私は値段が良心的な物を適当に選びました。

日本で手に入れるのと、それほど大きく値段がかけ離れてはいなかったと思います。輸入品ですので実際に現地で買うよりも高いのは仕方がありません。

どのお店で買ったのかは残念ながら忘れてしまったのですが、インタス社の「ラメズ」という名前の薬を選びました。

記載されていた日数よりも早く届いたのを覚えています。

初めての体験でしたので、ややビクビクしながらしばらく服用してみたのですが、私の場合はまったく何の問題もありませんでした。

個人輸入ですと1度に30日分まで購入することが出来ます。



入国後に購入してみました。

結果を言ってしまうと、入国してからジェネリック品を手に入れることは非常に簡単でした。

滞在先の近所に24時間稼働している救急病院があり、そこに併設されていた薬局で薬品名と必要量を告げると、在庫があればそのまま買えますし在庫がなかったとしてもすぐに取り寄せてもらえるので、スムーズに手に入れることが出来ました。

もちろんクレジットカードも利用出来ます。

輸入するよりもずっと安くて、とてもありがたかったです。

そのおかげで、旅行日数ぎりぎりの量しか持たずにいることの不安が解消されました。

7520109204_77267b6346_b


購入は自己責任で。

実際に海外で長期滞在される方は、日本で紹介状と処方薬を英文で書いてもらい、現地の病院で主治医の先生から処方されるのが鉄則です。

私のような無謀なことは、特に服薬を怠れば必ず病状が悪くなることが分かっている病気の人なら、余計にしてはならないことです。

あくまで私の場合は事情があって医師のサポートが得られない状況での長期滞在でしたので、仕方がなく個人の責任で選んだ方法です。

現在の症状と状況が私とまったく同じという人はいないと思いますので、同じことをして不都合なことがあったとしても、こちらでは一切責任は追えませんので個人輸入される場合はすべて自己責任でお願いします。