children-in-tulip-field



ひと頃、「減薬」という言葉が流行りました。現在でももちろん大切な言葉ではありますが、一時期この言葉が一人歩きしているなと感じた事がありました。

テレビやインターネットでこの言葉を知ると、あちこちの病院で減薬の相談をされる方が後を絶たなかったといいます。今でもそうかも知れません。


減薬治療

「減薬」というのは、仕事などの何らかのストレスで軽い抑うつ状態になった人が、病院を訪れた際に多剤処方されたため、その後何年も寝たきりになってしまったような方達が、徐々に薬を減らしていく事により回復される場合があることから、行われるものです。

多剤処方によって副作用と本来の症状の区別がつかなくなっている人に行うことも重要です。

実際に私自身も半年ほどかけて、専門医の指示のもとで減薬治療を経験した事がありますが、かなり頭がスッキリして、体も動くようになりました。

私の場合は薬に反応しやすいのか、すぐに副作用が現れてしまうため、数種類服用するとかえって調子が悪くなるようでした。

抗不安薬を服用し始めて不安やパニックが悪化し、止める事でのたうち回るほど辛かった不安症状が回復した経験があります。

現在は一種類で、ある程度の所まではコントロール出来ています。



減薬の効果

減薬をすると、今までどの薬がどんな作用をしていたのかが分かってきます。たくさんお薬を服用していると、それが薬のせいなのか、病気のせいだったのかが分からなくなるからです。

ある程度減薬が進むと、元々軽度のうつ状態だった人であれば、そのまま回復していくと思います。そうでなかった人の場合はその人の本来の症状が現れますので、その後はその症状に対して新たに治療を進めて行けば良いわけです。

そういった本来の意味が理解されないまま、減薬という言葉が一人歩きしてしまったように感じます。



双極性障害の場合

誰でも薬をただ減らせば良くなるものではありません。うつ状態など神経症圏の人達であれば、良くなっていく可能性がありますが、全ての人に当てはまるものではありません。

少なくとも双極性障害の人達は、ここには当てはまりません。

もちろん先ほどお話ししたように、減薬をしたことによって現れた本来の症状に対して新たに治療をしていくという意味では正しいです。

けれど減薬という言葉を極端に捉えてしまう人は、薬を服用しない事が寛解への道だと思いこんでしまいます。

双極性障害の患者さんが、薬を服用せずに寛解を目指そうと考えるのは無謀です。

病相が出現する度に脳は劣化していきますし、繰り返せば寛解への道はさらに厳しくなるのは明らかです。

多剤処方は避けるべきとは思いますが、双極性障害の患者さんに断薬は禁忌です。


moss-gardening-plants


減薬という言葉が出現したことによって、体調による悩みの深さから情報の取捨選択が難しくなっている、情報難民と呼ばれる人達が間違った治療方法を選択してしまうことのないように、医師や周囲の人は当事者を導く必要があると思います。

薬の調整というのは、たとえ専門医でも難しいといいます。

個人の判断でむやみに薬を加減する、ましてや服用自体を止めてしまう事のないように、また逆に辛い症状から逃れたい一心で必要以上に服用してしまう事のないよう、大人としての判断と自己コントロールすることを忘れないでいるために自分自身も努力したいと思っています。