月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。

舟の上に生涯を浮べ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊のおもひやまず、海浜にさすらへて、去年の秋江上の破屋に、蜘蛛の古巣をはらひて、やや年も暮、春立る霞の空に、白川の関こえんと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて取もの手につかず、もも引の破をつづり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかかりて、住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、

草の戸も住み替る代ぞ雛の家

面八句を庵の柱に掛置。



【現代語訳】
月日は百代にわたって旅を続けて行くものであり、来ては去り去っては来る年々も、また同じように旅人である。

舟の上に身を浮かべて一生を送り、旅人や荷物を乗せる馬をひいて生涯を過ごし、老年を迎える者は、日々が旅であって、旅そのものを常のすみかとしている。

風雅の道の古人たちも、たくさん旅中に死んでいる。わたくしもいつのころからか、ちぎれ雲を吹きとばす風にそぞろ誘われて、漂泊の思いが止まず、この年ごろは、海のあたりをさまよい歩き、去年の秋、隅田川のほとりの破れ家にもどり、蜘蛛の古巣を払って久しぶりの住まいにようやく年も暮れたのだった。

が、新しい年ともなれば、立春の霞こめる空のもとに白河の関を越えたいと願い、そぞろ神にとりつかれて物狂おしく、道祖神の旅へ出てこいという招きにあって、取るものも手につかない。

股引(ももひ)きの破れをつづくり、笠の緒をつけかえて、三里に灸をすえると、もう心はいつか旅の上―松島の月の美しさはと、そんなことが気になるばかりで、二度と帰れるかどうかもわからない旅であるから、いままで住んでいた芭蕉庵は人に譲り、杉風(さんぷう)の別荘に移ったころ、


       草の戸も住替る代ぞひなの家

(わびしい草庵も自分の次の住人がもう代り住んで、時も雛祭のころ、
さすがに自分のような世捨人とは異なり、雛を飾った家になっていることよ)

と詠んで、この句を発句にして、面(おもて)八句をつらね、庵の柱に掛けておいた。



5c4867ccd8bdcab3356a9ace9c8bbb85_s


紀行文は、おもしろい。

こうした記録が残されていることで、旅人というのはずっとずっと昔から存在しているということを知る。

そしてその時代の旅人もまた、そのまた昔の旅人の言葉に憧れ、古人の思いを辿るべく旅を始めるのである。




例えば私がアジアを旅するようになったのも、ある人の作った旅のHPに影響されてのことのように、その人もまた他の人の旅行記に憧れて会社を辞めて日本を離れていて、またその前の人はもしかしたら沢木耕太郎さんの「深夜特急」に影響されて旅立ったのかも知れない。

それと同じように、松尾芭蕉はもっと昔の杜甫李白などの言葉に旅への憧れを抑えきれなくなったわけで、旅の魔力というものは、時代までもさかのぼる恐ろしい生き物なのだと思い知らされるのである。

そしてそれは死ぬまで薄れることなく、どんどんと勢力を強めながら人を突き動かすので、私達は何かに取り憑かれたかのように何度も何度もトライし続けるはめになるのである。




私は旅という物に定義はないといつも思っていて、ひとそれぞれ目的も価値観も違って良いと思うし、逆に人の物差しで自分を見られたくないという思いも強くあったりする。

そういったことが前提でなんとなくいつも思っているのは、一言で旅というのは芸術の中のひとつだなということである。

それは誰か人を重ねて思っているわけではなく、ただいつも旅とアートは切っても切り話せないもののように感じるのだ。




ただそれは近頃のちょっと1年位世界一周しちゃったから個展を開こうとか、それをネタにお金を稼ごうとか有名になろうとかする人のことを言っているのではない。

芸術というのは時としてお金を得るために、売れるであろう前提の商品として生み出されるものもある。

杜甫李白、そして松尾芭蕉にせよ、近くでは山下清などにしても

そこに生活費を稼ぐというキーワードが絡んでいたとは到底考えられない。




まあそんな有名な歴史上の人物には及ばなくても、ただのその辺の旅行者の私でさえ旅をしていると、観光よりも街や人やそこに移ろう風景にこころを奪われ、ただひたすら写真を撮り続けたりそこに音楽を重ねてみたり、またたくさんの言葉があふれてくることも多々ある。


そんな風にこころが無心になり、一点に集中する研ぎ澄まされた時間のなかに埋もれたいという願望をただ満たしたいが為に、まだ見たことのないシンプルな景色を求めてわざわざ遠くへと何日もかけて目指していくのが、それ自体が旅であり芸術と呼ぶのではないかと、古人の軌跡を辿る過程の中でふと気付き記し留めておこうと思った。



ただ松尾芭蕉は、この紀行文を旅や芸術と捉えただけにとどまらず、旅を人の一生と重ねるといった人間性が多くの人を魅了させた一因なのだろうと私は確信している。