O6I0VN0

本来なら人間同士とは、話すことで理解し合える生き物なのでしょう。

けれども私の場合感じた事を言語に変えさらに口から発するまで、人並み以上の時間がかかります。

なんとか正確に相手に伝えたいと思うばかりに、言葉を選ぶのに時間がかかってしまうのです。

頭の回転が遅いというのも、残念ながら本当です。


時間がかかっている間に発生する「間」があまりにも会話にとって不自然なため、そこを埋めるように何か話さなきゃとつい、いい加減な言葉を発してしまいます。

そしてその「間」を埋めなくてはと発した言葉の方が、どうやら本心のように伝わってしまうようなのです。。。

「間」を埋めるために話すだけの言葉なので、取りあえず口にするだけのため本心と真逆になってしまう事もあり、その事が自己嫌悪に陥る原因にさえなっています。



会話だけで能力は決められない

同じ言語を使っても表現が自分の思いと食い違ってしまったりで、理解し合えるどころか全く別の受け取られ方をしてしまい、さらに人間関係が複雑化してしまうように感じる事も多くあります。

けれど、たとえ自分がコミュニケーションが得意ではないと感じていたとしても、いろんな方が言われる通り「コミュニケーション」というのは会話だけではありません。

相手にどうしても伝えたい事があるなら、どんな方法をとっても良いと思うんです。自分にとって一番良い伝え方があるなら、相手がどう思おうとそれを利用しない手はありません。

話すことだけがコミュニケーションではないといつも理解出来ていれば、自分は決してその能力が低いわけではないのだと自信を持つ事が出来ます。



文章という手段

私にとって自分の気持ちが一番よく伝えられていると感じるコミュニケーション手段は、間違いなく「文章」です。

得意不得意という問題ではなく、それが一番大事なことを伝えられていると実感するからです。

それは思ったことをすぐに言語に変えて発しなければならない会話と違い、言葉を選び頭の中でよく整理してから表現出来るからなのだと思います。

ただ文章にはニュアンスが伝わらないという難点もあります。読む人の気分によって、複雑な意味合いに取られてしまう事も残念ながらあります。

ですので最終的には会話をすることが大事ということにはなりますが、たとえそうだとしても自分の気持ちを伝える手段をいくつか持っているというのは、大きな強みとなりますよね。

考え方を変えてこの大きな強みを味方にすれば、すべての人とうまくいく訳ではないけれど、分かって欲しい人に分かってもらえる可能性は高くなるのではないでしょうか。


O6I0VN0


最終的には伝えた者勝ち

何をお伝えしたいかと言えば、自分へのコミュニケーション能力の高い低いという評価を、会話でけで判断して一喜一憂する必要なんてないんじゃないかなということです。

どんな方法であれ、最終的には伝えた者勝ちです。

他人の評価はどうであれ、自分自身を厳しく評価したところで自信をなくしてネガティブな気持ちになるだけですよね。

違う面から自分を見ることで、こじつけでもいいから自分を良い方に評価していく方が、積み重なれば大きな自信になっていくと思います。


と、ここまでは私の小さな主張です。

他にも「こんなコミュニケーション方法を使って理解し合えているよ」というものがありましたら、ぜひぜひ教えて頂きたいなあと思っています。